ナーシングビジネス2016年7月号に載りました

ナーシングビジネス誌2016年7月号が発売になりました。

このなかで、特集があります。

「頼れる上司になるための超実践的リーダーシップ入門」というものです。

このなかで、私は『看護管理者が身につけるべきリーダーシップとは』というテーマで8ページ書いています。

本何冊分かの大きなテーマをこれだけでまとめているので、今後のリーダーシップ勉強の入り口というか手引きにしていただければいいがな、と考えています。

今回は、これまでこのブログで書いたもののダイジェスト版という感じです。たぶん、記事の内容があちこちこちらのブログ記事にも顔を出しているのではないかと思います。

 

Nb

 

Nbrevised 1

 

大項目としては、

リーダーシップとは何か

リーダーシップの要素

リーダー感覚を高める

となっています。お買い求め頂き、読んでいただければと思います。

購入はこちらから。

http://www.medica.co.jp/catalog/m/6122

PDF版もご用意しようかと思ったのですが、出版社のご迷惑になってもいけないので、1ページだけリーダー感覚のところをお見せしましょうかね。

私自身の売りとしては、やはり『リーダー感覚』の部分ですね。 

Nbrevised 7

 

 

 

 

Share on Facebook

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤直曉の著書

リーダーとして部下を指導することを楽しめなければ、所詮よきリーダーにはなれません。それがリーダー感覚。その感覚を得るためには、実践的なコミュニケーション・スキルを学ぶこと。その訓練方法を示す教科書です。

 

 

部下の力を発揮させられない、人付き合いが難しい。その根本原因は相手の行動基準を知らないからです。人間をどう見るのか、人をどのようにリードすればよいかを示す教科書としてお読みください。

寄稿

『ナーシングビジネス2016年7月号』頼れる上司になるための超実践的リーダーシップ入門

プロフィール


私は、リーダー育成をテーマに書いている作家です。同時に、L研リーダースクールを主宰して、リーダー育成のための研修を行っております。
1952年生まれ、慶応義塾大学管理工学科修士、スタンフォード大学経営学修士(MBA)。ボストン・コンサルティング・グループおよび野村総合研究所にて経営コンサルタントとして、企業戦略立案に従事。独立して、企業コンサルティングおよび老人介護事業や高齢者福祉問題の調査・研究を行う。 現在は、「リーダー育成教育」を中心とした著述業、およびリーダー研修を営む。

このページの先頭へ