L研経営戦略セミナー23:人間分析と組織行動分析

まずリーダーの行動特性を分析し、リーダーの行動を予測します。

そして、そのリーダーの行動が組織にどのような影響を与えるかを考察します。

リーダーの行動特性がそのまま組織行動に表現されることはよくあることです。

しかし、常にそうなるとは限りません。

バブル時代、トップが危険と考えても社員がいけいけどんどんとなって、抑えがきかなくなることがよくありました。

組織に一種の熱のようなものができると、リーダーがよほどしっかり手綱をコントロールしていないと、熱や勢いに流されてしまいます。

いま最も危ういのはこの組織でしょう。

Share on Facebook

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ